クラビット

クラビット

クラビットの製薬会社は第一三共と参天製薬です。ニューキノロン系の合成抗菌剤で、主成分はレボフロキサシン水和物です。錠剤と細粒があります。

核酸(細菌が増殖するときに必要なたんぱく質の元になる物質)の合成を阻害することで、細菌を死滅させる効果があると考えられています。クラビットは、咽頭炎や肺炎といった呼吸器感染症、中耳炎や副鼻腔炎といった耳鼻科の感染症などに用いられるので、比較的耳にすることが多い薬でもあります。

通常は、1回100ミリグラムを1日2~3回服用します。感染症の種類や症状により増減があるので、処方量を守り、医師の指示に従ってください。

クラビットに対する過敏症がある人のほかに、妊娠している可能性ある人、妊婦、小児等に禁忌となっているので注意が必要です。

主な副作用としては、発疹、下痢、頭痛、めまいなどが上げられます。著者も風邪をひいて、のどが痛くてしようがなかったので耳鼻科にかかったときに、処方された薬がクラビットでした。

そのときは一回100ミリグラムを一日3回、3日分でした。

商品詳細

クラビットの製薬会社は第一三共と参天製薬です。ニューキノロン系の合成抗菌剤で、主成分はレボフロキサシン水和物です。錠剤と細粒があります。核酸(細菌が増殖するときに必要なたんぱく質の元になる物質)の合成を阻害することで、細菌を死滅させる効果があると考えられています。クラビットは、咽頭炎や肺炎といった呼吸器感染症、中耳炎や副鼻腔炎といった耳鼻科の感染症などに用いられるので、比較的耳にすることが多い薬でもあります。

使用方法

通常は、1回100ミリグラムを1日2~3回服用します。感染症の種類や症状により増減があるので、処方量を守り、医師の指示に従ってください。

副作用・注意点

クラビットに対する過敏症がある人のほかに、妊娠している可能性ある人、妊婦、小児等に禁忌となっているので注意が必要です。主な副作用としては、発疹、下痢、頭痛、めまいなどが上げられます。

One Response to “クラビット”

  1. 医薬品 より:

    私が風邪をひいて、のどが痛くてしようがなかったので耳鼻科にかかったときに、処方された薬がクラビットでした。そのときは一回100ミリグラムを一日3回、3日分でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ